遺骨ペンダントは【チタン】か【ステンレス】をお勧めします。

遺骨ペンダントを選ぶ時のアドバイス!

こんにちは、最新のトレンド情報をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は手元供養の一つである“遺骨ペンダント”を取り上げたいと思います。


大切な人物や身近な人物が亡くなるのはとても悲しい事です。

しかし、故人がまっすぐ成仏出来るように、残された人々でこれまでの感謝の気持ちを込めてきちんと供養する事が何よりも大切です。

これまでの供養の形として一般的であったのは、お墓や納骨堂に遺骨を納めてそちらへ出向いて手を合わせる、という方法です。

しかしながら、最近では、お墓が遠方で参りに行くのが中々困難であったり、墓地が見つからなかったり金銭的に厳しかったり等の理由からお墓を購入する事自体が困難であったりする場合が少なくありません。

そのような状況下で、新しい供養の形として、「手元供養」という方法が注目を集めています。

手元供養とは、本来であれば寺院や墓地などで管理をする遺骨や遺灰を自宅で管理していくという方法の事です。

「自宅供養」と呼ばれる事もあるこの保管方法には2種類があります。

一つは、遺骨や遺灰の全てを私邸で保管するというもの、

もう一つは寺院や墓地へ納骨した上で、その一部分だけを自分の住まいで保管する

というものです。

故人や遺族の寺院への信仰の度合いなどを基準にして、どちらを選ぶかを決めると良いでしょう。


遺骨や遺灰を保管するには、

1.遺骨を全部自分の家で保管する方法

2.お寺や墓地などに納骨してから一部の遺骨だけを自分の家で保管する方法


の2種類の方法があります。

近頃は遺骨を自分の家に保管するだけでなく、遺骨を加工したり、納骨した後に遺骨を分けて手元供養をする人が多くなっていて、遺骨ペンダントに代表される手元供養は、今の時代にマッチした新たな供養の方法であるということができます。


また最近では、核家族化や少子化により、お墓を誰が継いで行くのかという問題や、もう無縁墓になってしまったお墓の処分についての問題が深刻化していて、供養やお墓についての意識が親世代とは変容してきています。

これらの問題を解消する方法の一つとして、「自然葬」である散骨が挙げられます。

海へ遺灰を撒く海洋散骨を始め、空葬散骨、バルーンで成層圏まで打ち上げ破裂させる宇宙散骨などがそうですね。

でも、やっぱり遺灰は身近に置いておきたいという方も多くいらっしゃいます。

そこで、お墓の供給が少なくしかも高額な首都圏を中心に「手元供養」と呼ばれるものが注目を集めているのです。

手元供養とは、火葬を執り行なった後に自分の家に故人の遺骨を持ち込んで保管をして供養することを指していて、身近な場所に安置して故人を供養することを言います。


誰かが亡くなったときは、遺体を火葬することは法律で決められていますが、火葬の後、残される遺骨の取り扱いについては特に決められていません。

遺骨をアクセサリーのペンダントにすることなど、遺骨を何かの入れ物に入れて身に付ける行為は、法律に抵触することはないということになります。

ただし、遺骨の一部をお墓に納骨するときには、分骨証明書を提出する必要があります。

これから、遺骨の一部をお墓に納骨しようと考えている人は、前もって墓地や火葬場を管理している人から分骨証明書を発行してもらう必要があります。


遺骨ペンダントをはじめとする手元供養の方法が選ばれるのは、


・お墓はあっても遺骨の一部を手元にも安置しておいて故人を供養したい場合

・お墓が遠過ぎてお墓参りにいくことが困難な場合

・お墓を継いでくれる人がいないため無縁仏になってしまうことを防ぎたい場合

・金銭的な理由でお墓を建てることができない場合


などが挙げられます。

はじめて手元供養という方法を選択するにあたって心配される事が多いのが「遺骨をいくつかに分けて保管するという行いによって故人が成仏できなくなるのではないか」というものですが、仏教においては昔から「分骨」という形がとられているので問題はありません。

手元供養の形としては、骨壷を利用して保管をする、遺骨や遺灰をオブジェなどの加工品を利用して保管する方法などがありますが、特に人気が高いのが「遺骨ペンダント」です。

このペンダントはカロートペンダント、アッシュペンダント、遺骨ネックレスなどとも呼ばれています。

遺骨や遺灰でダイヤモンドを作りそれをアクセサリーにする方法もありますが、遺骨や遺灰をペンダントに入れる方法の方が比較的人気が高いようです。

日常的にアクセサリーとして使用出来るのも大きな魅力です。

◆◇◆ 遺骨ペンダントの選び方【デザインと刻印】 ◆◇◆

アッシュイン・ジュエリーである遺骨ペンダントをはじめて利用する上でのメリットの中で一番大きいものは、常に故人が側にいるかの様な感覚を感じる事が出来る点です。

故人との関係が深ければ深いほど、亡くなってしまった悲しみも大きいものになります。

しかし、このペンダントを身につける事によって、いつでも故人の事を思い出し、そのぬくもりを感じる事が出来ます。

大切な人を失ってしまった悲しみが半減されると言っても過言ではありません。

「いつまでも一緒にいたい」

そう考える方にはお勧めの方法です。

遺骨ペンダントは作るにあたって、ペンダントのデザインや刻印も好みのものを選ぶ事が出来ます。

中には普通のアクセサリーと変わらないような形状のものもあるので、気軽に日常生活において使用する事が出来ます。

また、故人の好きだったものなどを元に図柄を選ぶ事も出来るので、より故人を身近に感じる事が出来るのではないでしょうか。

刻印については、故人の名前や日付、メッセージなどを刻む事が出来るので、故人との思い出を辿りながら色々と考えてみると良いでしょう。

このように、手元供養として遺骨の入ったペンダントを身に付ける事で、大切な人を失った悲しみを和らげる事も出来ます。

いつまでも故人と一緒にいたい、そう考える方は使用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

◆◇◆ 遺骨ペンダントの選び方【素材】 ◆◇◆

遺骨ペンダントを選ぶ方法については、大事な遺骨を入れて持ち歩くことになるため、なるべく遺骨に損傷がないようにすることができる素材を選ぶ必要があります。


ステンレスは傷が付きにくい上に、錆びることがない素材となっています。

貴金属としての価値は決して高い素材ではないのですが、実用性が圧倒的に高いため遺骨ペンダントとして良く選ばれている素材です。

サージカルステンレスはその中でも医療器具として使われる素材で、アレルギーを引き起こさない性質があるため、お肌にとっても負担がない素材となっています。


チタンも傷が付きにくい上に、錆びることがない素材となっています。

ステンレスとチタンの大きく異なる点は、チタンは非常に軽いということです。

ですので、あまり重いペンダントを身に付けたくないという人に向いています。


ちなみにゴールドは、貴金属として価値がある素材です。

ですが、ゴールドは柔らかくて重たい性質を持っているため、外からの衝撃に対して弱くて傷が付いてしまいやすく、身に付けていると重たいというデメリットがあります。

しかも金属アレルギーを起こす可能性もあるので、あまりお勧めできません。


シルバーは、貴金属として価値はあまりありませんが、お手ごろな価格で色々なデザインが取り揃えられています。

ですが、、錆びやすい傾向にありますので、こちらもあまりお勧めできません。


ペンダントの素材については、身に付ける人物の性別、素材の強さなどを考慮して上で選ぶ必要があります。

例えば、身に付けるのが女性であれば軽めの方が使いやすいですよね。

女性に人気のある素材は、軽い上に傷も付きにくい「チタン」の材質です。

あるいは、「ステンレス」も傷が付きにくい事に定評があり、その上錆びにくいので非常に重宝しますが、チタンと比べると若干重めなので、どちらかと言うと男性向きであると言えます。

通常のペンダントの素材としてよく用いられる銀や金は、それぞれ錆びやすかったり傷が付きやすかったりするので、不向きであると言われています。

◆◇◆ お勧めの遺骨ペンダント ◆◇◆

総合的に判断して、遺骨ペンダントチタンかステンレスをお勧めします。

手元供養本舗さんが提供するメモリアルペンダント「ウィズ」シリーズにはチタン、もしくはステンレスを材料にした様々な種類が揃っています。


ステンレス刻印あり

手元供養本舗さんには、手元供養にまつわるメモリアルブックやメモリアルグッズなど様々な商品が取り揃えられていますが、やはり遺骨ペンダントがおすすめです。

中でもステンレスに刻印が施された「ステンレス刻印あり」は、アレルギーを引き起こしにくい素材なので、金属アレルギーの症状がある人でも身に付けることができます。

刻印には名前や故人が生きぬいた日付だけでなく、故人に向けた真心を込めたメッセージを刻み込むことができます。



ステンレスミニ刻印あり

ステンレスに刻印が施されたペンダントには、一周り小さいミニサイズの「ステンレスミニ刻印あり」も取り揃えられていて、重さが軽減されます。



チタン刻印あり

チタンに刻印が施された「チタン刻印あり」の遺骨ペンダントも、アレルギーが引き起こしにくい素材のため金属アレルギーの症状がある人でも身に付けることができる場合が多いためお勧めです。

チタンはステンレスより軽い素材のため、一日中身に付けていても身体に負担がかかりにくくなっています。

防水もしっかりされる構造となっているので、水に濡れるような場所でも身に付けることができるので安心です。

◆◇◆ 最後に選ぶ時のアドバイス! ◆◇◆

男性ならさほど重さは気にならないと思いますが、女性は軽いに越したことありません。

・ステンレスが約17.2g

・ステンレスミニが約13.9g

・チタンで約11.2gとなっています。

ちなみにこのステンレスとチタンの重さの差6gは、塩の小さじ1杯の重さと同等になりますので、結構な違いになりますね。

値段は高くなってしまいますが一生ものなので、女性は出来るだけ軽いチタン、もしくはステンレスミニを選んだほうが良いと思います♪

また、通販サイトによっては値段は安いのですが、すぐに傷みが生じたり色が変色するといった粗悪な品質のものが売られています。

遺骨ペンダントは買い替えるものではありませんし、長く使っていきますので、信頼のおける通販サイトで品質の良いお品を購入することをお勧めしますよ。


お勧め購入サイト

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】



■LINK
  • 遺骨ペンダント
    供養に関する話題や、決まりごとなどの疑問を解決するために役立つハウツーサイト
  • 骨壷
    骨壷 通販 | Amazon - アマゾン
  • ペット 遺骨
    ペットの火葬後、骨壺はずっと自宅に置いてもいいですか?
  • 遺骨 指輪
    遺骨ジュエリー