はじめて遺骨ペンダント-遺骨ペンダントは【チタン】か【ステンレス】をお勧めします。

はじめて遺骨ペンダント

◆◇◆ 手元供養の新しいかたち ◆◇◆

大切な人物や身近な人物が亡くなるのはとても悲しい事です。

しかし、故人がまっすぐ成仏出来るように、残された人々でこれまでの感謝の気持ちを込めてきちんと供養する事が何よりも大切です。

これまでの供養の形として一般的であったのは、お墓や納骨堂に遺骨を納めてそちらへ出向いて手を合わせる、という方法です。

しかしながら、最近では、お墓が遠方で参りに行くのが中々困難であったり、墓地が見つからなかったり金銭的に厳しかったり等の理由からお墓を購入する事自体が困難であったりする場合が少なくありません。

そのような状況下で、新しい供養の形として「手元供養」という方法が注目を集めています。

手元供養とは、本来であれば寺院や墓地などで管理をする遺骨や遺灰を自宅で管理していくという方法の事です。

「自宅供養」と呼ばれる事もあるこの保管方法には2種類があります。

一つは、遺骨や遺灰の全てを私邸で保管する というもの、もう一つは寺院や墓地へ納骨した上で、その一部分だけを自分の住まいで保管する というものです。

故人や遺族の寺院への信仰の度合いなどを基準にしてどちらを選ぶかを決めると良いでしょう。

また、はじめて手元供養という方法を選択するにあたって心配される事が多いのが「遺骨をいくつかに分けて保管するという行いによって故人が成仏できなくなるのではないか」というものですが、仏教においては昔から「分骨」という形がとられているので問題はありません。

手元供養の形としては、骨壷を利用して保管をする、遺骨や遺灰をオブジェなどの加工品を利用して保管する方法などがありますが、特に人気が高いのが「遺骨ペンダント」です。

このペンダントはカロートペンダント、アッシュペンダントとも呼ばれています。

遺骨や遺灰でダイヤモンドを作りそれをアクセサリーにする方法もありますが、遺骨や遺灰をペンダントに入れる方法の方が比較的人気が高いようです。

日常的にアクセサリーとして使用出来るのも大きな魅力です。

◆◇◆ デザインと刻印について ◆◇◆

アッシュイン・ジュエリーである遺骨ペンダントをはじめて利用する上でのメリットの中で一番大きいものは、常に故人が側にいるかの様な感覚を感じる事が出来る点です。

故人との関係が深ければ深いほど、亡くなってしまった悲しみも大きいものになります。

しかし、遺骨ペンダントを身につける事によって、いつでも故人の事を思い出し、そのぬくもりを感じる事が出来ます。

大切な人を失ってしまった悲しみが半減されると言っても過言ではありません。

「いつまでも一緒にいたい」

そう考える方にはお勧めの方法です。

遺骨ペンダントを作るにあたって、ペンダントのデザインや刻印も好みのものを選ぶ事が出来ます。

中には普通のアクセサリーと変わらないような形状のものもあるので、気軽に日常生活において使用する事が出来ます。

また、故人の好きだったものなどを元に図柄を選ぶ事も出来るので、より故人を身近に感じる事が出来るのではないでしょうか。

刻印については、故人の名前や日付、メッセージなどを刻む事が出来るので、故人との思い出を辿りながら色々と考えてみると良いでしょう。

ペンダントの素材については、身に付ける人物の性別、素材の強さなどを考慮して上で選ぶ必要があります。

例えば、身に付けるのが女性であれば軽めの方が使いやすいですよね。

女性に人気のある素材は、軽い上に傷も付きにくい「チタン」の材質です。

あるいは、「ステンレス」も傷が付きにくい事に定評があり、その上錆びにくいので非常に重宝しますが、チタンと比べると若干重めなので、どちらかと言うと男性向きであると言えます。

通常のペンダントの素材としてよく用いられる銀や金は、それぞれ錆びやすかったり傷が付きやすかったりするので、不向きであると言われています。

このように、手元供養として遺骨の入ったペンダントを身に付ける事で、大切な人を失った悲しみを和らげる事も出来ます。

いつまでも故人と一緒にいたい、そう考える方は遺骨ペンダントの使用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。



遺骨ペンダント【手元供養本舗】公式オンラインショップ

信頼のおける手元供養専門店ならではの高品質な遺骨ペンダントが揃います。