遺骨ペンダントは【チタン】か【ステンレス】をお勧めします。

遺骨ペンダントを選ぶ時のアドバイス!

こんにちは、最新のトレンド情報をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は手元供養の一つである“遺骨ペンダント”を取り上げたいと思います。


近頃の日本では、核家族化や少子化により、お墓を誰が継いで行くのかという問題や、もう無縁墓になってしまったお墓の処分についての問題が深刻化していて、供養やお墓についての意識が親世代とは変容してきています。

これらの問題を解消する方法の一つとして、「自然葬」である散骨が挙げられます。

海へ遺灰を撒く海洋散骨を始め、空葬散骨、バルーンで成層圏まで打ち上げ破裂させる宇宙散骨などがそうですね。

でも、やっぱり遺灰は身近に置いておきたいという方も多くいらっしゃいます。

そこで、お墓の供給が少なくしかも高額な首都圏を中心に「手元供養」と呼ばれるものが注目を集めているんです。

手元供養とは、火葬を執り行なった後に自分の家に故人の遺骨を持ち込んで保管をして供養することを指していて、身近な場所に安置して故人を供養することを言います。


遺骨や遺灰を保管するには、

1.遺骨を全部自分の家で保管する方法

2.お寺や墓地などに納骨してから一部の遺骨だけを自分の家で保管する方法


の2種類の方法があります。

近頃は遺骨を自分の家に保管するだけでなく、遺骨を加工したり、納骨した後に遺骨を分けて手元供養をする人が多くなっていて、手元供養は今の時代にマッチした新たな供養の方法であるということができます。


誰かが亡くなったときは、遺体を火葬することは法律で決められていますが、火葬の後、残される遺骨の取り扱いについては特に決められていません。

遺骨ペンダントなど、遺骨を何かの入れ物に入れて身に付ける行為は、法律に抵触することはないということになります。

ただし、遺骨の一部をお墓に納骨するときには、分骨証明書を提出する必要があります。

これから、遺骨の一部をお墓に納骨しようと考えている人は、前もって墓地や火葬場を管理している人から分骨証明書を発行してもらう必要があります。


遺骨ペンダントをはじめとする手元供養による、供養の方法が選ばれるのは、


・お墓はあっても遺骨の一部を手元にも安置しておいて故人を供養したい場合

・お墓が遠過ぎてお墓参りにいくことが困難な場合

・お墓を継いでくれる人がいないため無縁仏になってしまうことを防ぎたい場合

・金銭的な理由でお墓を建てることができない場合


などがあります。

◆◇◆ 遺骨ペンダントの選び方 ◆◇◆

遺骨ペンダントを選ぶ方法については、大事な遺骨を入れて持ち歩くことになるため、なるべく遺骨に損傷がないようにすることができる素材を選ぶ必要があります。


ステンレスは傷が付きにくい上に、錆びることがない素材となっています。

貴金属としての価値は決して高い素材ではないのですが、実用性が圧倒的に高いため遺骨ペンダントとして良く選ばれている素材です。

サージカルステンレスはその中でも医療器具として使われる素材で、アレルギーを引き起こさない性質があるため、お肌にとっても負担がない素材となっています。


チタンも傷が付きにくい上に、錆びることがない素材となっています。

ステンレスとチタンの大きく異なる点は、チタンは非常に軽いということです。

ですので、あまり重い遺骨ペンダントを身に付けたくないという人に向いています。


ちなみにゴールドは、貴金属として価値がある素材です。

ですが、ゴールドは柔らかくて重たい性質を持っているため、外からの衝撃に対して弱くて傷が付いてしまいやすく、身に付けていると重たいというデメリットがあります。

しかも金属アレルギーを起こす可能性もあるので、あまりお勧めできません。


シルバーは、貴金属として価値はあまりありませんが、お手ごろな価格で色々なデザインが取り揃えられています。

ですが、、錆びやすい傾向にありますので、こちらもあまりお勧めできません。

◆◇◆ お勧めの遺骨ペンダント ◆◇◆

総合的に判断して、遺骨ペンダントはチタンかステンレスをお勧めします。

手元供養本舗さんが提供するメモリアルペンダント「ウィズ」シリーズにはチタン、もしくはステンレスを材料にした様々な種類が揃っています。


ステンレス刻印あり

手元供養本舗さんには、手元供養にまつわるメモリアルブックやメモリアルグッズなど様々な商品が取り揃えられていますが、やはり遺骨ペンダントがおすすめです。

中でもステンレスに刻印が施された「ステンレス刻印あり」は、アレルギーを引き起こしにくい素材なので、金属アレルギーの症状がある人でも身に付けることができます。

刻印には名前や故人が生きぬいた日付だけでなく、故人に向けた真心を込めたメッセージを刻み込むことができます。

お勧めの遺骨ペンダント【ステンレス刻印あり】の詳細・ご購入はコチラ



ステンレスミニ刻印あり

ステンレスに刻印が施された遺骨ペンダントには、一周り小さいミニサイズの「ステンレスミニ刻印あり」も取り揃えられていて、重さが軽減されます。

お勧めの遺骨ペンダント【ステンレスミニ刻印あり】の詳細・ご購入はコチラ



チタン刻印あり

チタンに刻印が施された「チタン刻印あり」の遺骨ペンダントも、アレルギーが引き起こしにくい素材のため金属アレルギーの症状がある人でも身に付けることができる場合が多いためお勧めです。

チタンはステンレスより軽い素材のため、一日中身に付けていても身体に負担がかかりにくくなっています。

防水もしっかりされる構造となっているので、水に濡れるような場所でも身に付けることができるので安心です。

お勧めの遺骨ペンダント【チタン刻印あり】の詳細・ご購入はコチラ

◆◇◆ 最後に遺骨ペンダントを選ぶ時のアドバイス! ◆◇◆

男性ならさほど重さは気にならないと思いますが、女性は軽いに越したことありません。

・ステンレスが約17.2g

・ステンレスミニが約13.9g

・チタンで約11.2gとなっています。

ちなみにこのステンレスとチタンの重さの差6gは、塩の小さじ1杯の重さと同等になりますので、結構な違いになりますね。

値段は高くなってしまいますが一生ものなので、女性は出来るだけ軽いチタン、もしくはステンレスミニを選んだほうが良いと思います♪

また、通販サイトによっては値段は安いのですが、すぐに傷みが生じたり色が変色するといった粗悪な品質のものが売られています。

遺骨ペンダントは買い替えるものではありませんし、長く使っていきますので、信頼のおける通販サイトで購入することをお勧めしますよ。

遺骨ペンダント“ウィズ”シリーズ一覧はコチラへどうぞ



【手元供養本舗】公式オンラインショップ

信頼のおける手元供養専門店ならではの高品質な遺骨ペンダントが揃います。


■LINK
  • 遺骨ペンダントの選び方
    「遺骨ペンダント」として使うということは、 ●大切なお遺骨やお遺髪等を納める ●肌身離さず毎日身に付ける ●お風呂やプールや海など、水に浸かるシーンもある……これが、普段ファッションとして使うアクセサリーと遺骨ペンダントの違いです。